病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
病院広報誌
よくある御質問

看護部の紹介

看護部長挨拶

pic_ns_doisanae宮崎江南病院は、昭和30年に開設し、今年創設60周年を迎える地域密着型の病院です。平成26年4月に独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)宮崎江南病院として生まれ変わり新たにスタートしました。

当院は急性期病棟だけではなく、その後の最適なリハビリテーションを提供する回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟を有しています。また、健康管理センター・介護老人保健施設・居宅介護支援センター・訪問看護ステーションを併設しており、予防から急性期・回復期の医療、在宅医療に向けた看護・介護も行っています。

私たち看護職員一同は、心のこもった温かい親切な看護・介護を提供することを目指しています。

看護部長  土居 早苗

pic_ns_rinen
 

各部署の紹介

5階病棟 4階病棟 3階西病棟 3階東病棟 2階西病棟 2階東病棟 外来診療科
手術室 透析室 集団検診室 地域医療連携室 付属訪問看護ステーション 認定看護師
 

看護体制

固定チームナーシング体制を導入しています。

固定チームナーシングとは

  • 患者さんと看護師を小グループ化し、1年間固定した看護チームで担当します。
  • チームが固定しチーム全体でフォローしますから、継続した看護が実践でき、チームや患者さん、また看護師個人の成長の目標が達成しやすくなります。
  • 一部の病棟では、固定チームナーシング体制の中で、昼間だけに限って2名でペアになってお互いに声かけながら業務に取り組んでおり、時間外の超過勤務削減に成功しています。

固定チームナーシングの目的

pic_ns_top_2011・患者さんに対し、責任を持って継続した質の高い看護を実践する。
2・看護スタッフのやりがい感・自己実現をめざす。
3・看護スタッフの教育と育成。

 

 

 

 

 
PageTop